<< 詩しか書けなくなってしまったわい MAIN 久しぶりの更新 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- | | - | -
ねこじゃらし #1
 ねこじゃらしを目の前に持っていくと、君は面白いように踊った。何故、これほどまでに君が猫じゃらしに興味を示すのか定かではない。しかし、そのときの君にとってはそれがすべてであり、他の事柄はどうでも良いらしかった。上に掲げればジャンプをして掴もうとし、右に移動させれば右にといったようにその行方を飽きることなく追っていた。
その姿は、周りから見れば奇妙な光景であったかもしれないが、僕には微笑ましい光景だった。ここまで警戒心を解いて僕に関わる人物など他にはいなかったし、その行動の一つ一つが奇妙でありながらも生き生きとしていて、とても魅力的なのだ。近くで見てみないとわからないこの魅力。そもそも、常人にはこの魅力はわからないのかもしれない。どうして、気がつかないのだろうかと不思議に思うくらいだ。それは、僕にはない特別な才能というか、それに似たものを君は僕や周囲の人々に対して放っているのだというのに。

 君と初めて出会ったのは、夏の雨が降る静かな駅のホームだった。その駅は、無人駅に近い駅で上り列車と下り列車が止まるホームが一つしかない小さな駅だった。田舎にあるのどかな駅を創造してみてくれ、そっくりそのまんまの風景がその駅のホームになる。もちろん人気が少なくて、いつ来ても殺伐とした雰囲気がそこにはある。僕が君を始めて見た日は、それに拍車をかけたように人っ子一人いなかった。天候のせいもあるだろうけど、いつも以上にホームは寂しげに見えた。
 誰もいないホームで電車を待つ。傘に当たる雨音が僕の耳元で小さな音楽祭を開催していた。観客は僕一人。静かに聴き入るその姿は、オーケストラにとっては絶好の観客だろう。指揮者、雲の上の雷様。演奏者、雨粒フィルハーモニー・オーケストラ。指揮者の熱狂的な姿勢とは裏腹に、雨粒の演奏者はしっとりとした曲を奏でている。僕はしばしその曲に聴き入っていた。
 そんな時、君は現れた。雨の音しかしない静かなホームに、鮮やかな赤色の傘をさした君はいた。僕が自分自身の世界に入り込んでいるうちにやってきたらしい。うんざりするような天気だった為か、その燃えるような色の傘は僕の目に焼きつくかの如く映って見えた。その時点では、性別の判断はできなかった。傘に隠れて顔が見えなかったし、何しろ雨で視界が悪かった(しかも、その傘は普通の傘よりサイズが大きいものだった) 雰囲気としては女性に見えるが、傘から見え隠れする服装はダボダボのGパンだった。体系は細すぎず太すぎずと言ったところ。少し僕の位置から距離があったが、全身像を見ると身長はそんなに大きいほうじゃないように見える。僕の気持ちをまるで知っているかのように絶妙に君の素顔を隠す赤い傘に僕は少しイライラしていた。
なぜこんな感情が起こるのだろうか。見ず知らずの他人がホームに立っているだけなのに、その存在が気になってしょうがない。しぐさの一つ一つに目を配り、隠された素顔を見る機会をうかがう。近づいていきたい衝動に駆られるものの、なんと表現したらいいかわからない理性のような感情が足を踏みとどまらせる。゛この場から動いてはいけない、ただじっくりと観察をするんだ″とどこからか僕に語りかける。
来るはずの電車がなかなか来ない。僕がホームに着いた頃には10分程で次の列車が来るはずだったというのに、一向に来る気配がない。10分がこれほど長い時間に感じたのは、中学の頃生徒会決算報告の発表をステージの上で行った時以来じゃないだろうか。


永瀬の創作 | 02:19 | comments(1) | trackbacks(0)
スポンサーサイト


- | 02:19 | - | -
コメント
きょうusazoがusazoはここまで上も発表したかったの♪
ただusazoが指揮しなかった。
from: BlogPetの「usazo」 | 2005/02/15 10:23 PM
コメントする








トラックバックURL :
トラックバック
RECOMMEND ITEM
RECOMMEND ITEM
グレイテスト・ヒッツ
グレイテスト・ヒッツ (JUGEMレビュー »)
クイーン, フレディ・マーキュリー, ジョン・ディーコン, ブライアン・メイ
COMMENTS
CALENDAR
<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
SEARCH BOX

SPONSORED LINKS
検索
マイサーチ 全体