<< 日々の鬱憤その他云々吐き散らされる言葉の群れ MAIN 酒の効果 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- | | - | -
夜の空気
テストなんかなんとかなるものかもしれない。結果が出ていないのに何とかなったと勘違いしている大馬鹿者なわけなんですが、果たしてこの文章を読んでいる人はどれくらいいるのだろうか。更新の拠点をAmebloの方に移してからだいぶ経つけれど、更新頻度の低いこちらのBlogのほうのアクセスカウンターも順調に進んでいるらしい。これはアクセスカウンターが壊れたのか、自分の文章を見てほしいと望む怨念がカウンターの数字となって現れているのだろうか。そこのところは定かではない。

夜になると最近はめっきりテンションが下がってしまい最近は創作意欲も減退気味だった。詩のBlogの方で更新した詩に書かれているとおり、夜は哀しみを含んでいるのではないかと思う。自分自身、夜という時間がとても好きなのだけれど、ここ最近の落ち込み具合とそれがいつも深夜帯であることから、夜が深みを増すと哀しみも濃くなっていくのだと思う。理屈ではなく、これは実感によるものだ。何が夜の哀しみの濃さを決めているだとか、そういう性質なのかなんていうのは全然わからない。けれど、今自分自身に起こっていることは事実なのだ。

ほら、こうしているうちに日記帳が破けてしまった。ここ最近の哀しみを詰め込んだ本。自分の哀しみに耐え切れなくなってしまったのかもしれない。誰かにこの気持ちを伝えたいと思う。けれども、伝えられる相手がいない。そういった意味では、やっぱり自分は誰も信用していないのかもしれない。すべてを話せてしまえる相手なんていないし、できる気配もない。できるのは、自分の頭の中で薄く残る記憶を美化し続けることだけ。何が美しいか、何が醜いかが見えなく案っているのかもしれない。だから、自分自身の中で作り上げているのだ。


- | 01:45 | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト


- | 01:45 | - | -
コメント
コメントする








トラックバックURL :
トラックバック
ナーバスポッキー
がーがーがー。 落ちてるよ、キック!キック!キック! あと薄皮数枚引き剥がしたら、じっとしているのさえきつい針のむしろの夜になる。夜は哀しみを含んでいる、て永瀬くんがblogに書いていたけれど(そうそう!これ繋がりある初トラバ!変な使い方になっちゃってる
ハロー。イエローグリーン | 2005/01/30 2:18 AM
RECOMMEND ITEM
RECOMMEND ITEM
グレイテスト・ヒッツ
グレイテスト・ヒッツ (JUGEMレビュー »)
クイーン, フレディ・マーキュリー, ジョン・ディーコン, ブライアン・メイ
COMMENTS
CALENDAR
<< December 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
SEARCH BOX

SPONSORED LINKS
検索
マイサーチ 全体