<< 病的な日々 MAIN 発達心理学の視点から見た今の自分 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- | | - | -
知的所有権についてのレポート
知的所有権についてのレポート課題を明日提出するので、昨日の深夜中にインターネットで情報を探していた。なんてインターネットは便利なんだろう。知的所有権に関するサイトというものは星の数ほどあって、しかもわかりやすくまとめてくれているのだ。知的所有権について調べているのに、他人の情報を自分のレポートとして提出する矛盾。これは著作権法などで問題にはならないのだろうか。

著作物にあたるものは
思想、感情を創作的に表現した文学、学術、美術、音楽の作品。コンピューターやデータベースを含む(女性起業家ハンドブック)
とある。ということは、インターネットで公開されている文章の中で著作物にあたらないものはあるのだろうか? 例えば、営利目的に使用されていない情報サイトの文章を自分なりにアレンジして自分のサイトで公開したら・・・これは著作権法に違反するのだろうか。

今回、知的所有権に調べて思ったことは法律で守られてる範囲がどれくらいなのかがはっきりしないという事と、あまりにも知的所有権の教育が成されていないために知らないうちに侵害してしまう恐れがあるということだ。


永瀬の文章 | 15:43 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト


- | 15:43 | - | -
コメント
コメントする








トラックバックURL :
トラックバック
RECOMMEND ITEM
RECOMMEND ITEM
グレイテスト・ヒッツ
グレイテスト・ヒッツ (JUGEMレビュー »)
クイーン, フレディ・マーキュリー, ジョン・ディーコン, ブライアン・メイ
COMMENTS
CALENDAR
<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
SEARCH BOX

SPONSORED LINKS
検索
マイサーチ 全体