<< BACK MAIN NEXT >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- | | - | -
大切だと思う事
今この時間にこうしていること

その事を後で後悔しないこと

今を楽しむこと

人を大切にするということ

人を愛するということ

自分を好きであるということ

気持ちを伝えること

言葉を大切にするということ



永瀬の創作 | 06:28 | comments(0) | trackbacks(0)
夜の道
虹色に光る部屋を見たんだ。忙しなく部屋の色を変える部屋を。その部屋はマンションの最上階にあって、ベランダの窓が空いていた。散歩していた途中に見つけたんだけど、目を凝らさないとわからないくらい淡い色の部屋だったんだ。人が住んでいるんだろうけど、その部屋にはカーテンも無くて洗濯物も干されていなかった。だけど、その部屋は光っていたんだ。僕は確かに見たんだ…


永瀬の創作 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0)
活動と睡眠
起きてしばらくすると、僕は活動を始める。目が覚めてから少しの間は目を開いてぼんやりとした眼差しで世界の混沌が存在する部屋を見つめる。ピントの合わないレンズで世界を覗く。徐々に世界は輪郭を取り戻す。

僕の眠りは浅い。人並み程度に睡眠時間を取っているのだけれど、疲れがまったくと言っていいほど取れない。眠っている時間だけどこか違う場所で活動しているのじゃないかと思うほどだ。そう、僕は眠っている間も活動している。胸を上下させる事で呼吸を繰り返し、心臓が大きく波打つことで血を体中に循環させる。ここまでは他の人と変わらない活動だ。しかし、僕は夢の中でも活動している。

実際の所夢を見る人は数多くいるだろう。夢の中では様々な体験ができる。自分の心の奥底にある願望が形となり視覚化する。その中で小説を読むかのようにストーリーが進んでいく。不思議な事に夢には大きく2種類あって、自分の思い通りにそのストーリーを変えることのできるものと自分の意思をほぼ無視してかって詩進んでしまう物がある。体外の場合、前者はハッピーエンドで終わる事が多く、深い眠りに入っている人が体験する事が多い。後者の場合はバッドエンド的に終わる事が多く、浅い眠りの人が多い。うなされて起きてしまうような場合が多いからだ。
僕は後者の夢を良く見る。そして、その夢の中で僕は間違いなく体を動かしているのだ。そう考えないと起きた後の呼吸の荒さと体全身の痛みを説明できない。

輪郭を取り戻した部屋の中で僕は煙草に火をつける。煙草を口にくわえたまま携帯のディスプレイを見つめる。8時15分、少し眠りすぎたようだ。肺の奥に煙が行き渡り、体はガソリンを入れたみたいに動きが軽くなる。吹き出る汗を寝巻きの袖で拭う。寝る前につけていた扇風機は3時間という役割を果たして休んでいる。MDコンポの淡い光が部屋で揺れている。その様子がまだ夢の中にいるようで、軽い眩暈を感じる。もう一度寝てしまいたいのだけど、そうするには夢の中で活動をしすぎたようだ。

カーテンの隙間から差し込む光に目が眩む。今日も僕の気持ちとは裏腹に天気は良さそうだ。そうやって太陽は僕の期待をことごとく裏切る。珍しく清々しい気持ちで目覚めた日は、どんよりと曇った空から大粒の雨が降り注いでいる。本当に勘弁して欲しい。
身支度を整えて重いドアをあける。毛穴から体の中に入り込んでくるような日差し。今日はタオルを鞄の中に潜ませておいた方がよさそうだ。


永瀬の創作 | 19:10 | comments(0) | trackbacks(0)
無題
 大地が揺れている。
 気が付くと僕の立っている足場の周りは崩れ落ちて、今にも崩れ落ちんばかりの断崖絶壁にただ一人取り残されている。あたりは真っ暗で、下を覗いても底が見えないくらい高い位置に僕は立っているらしい。助けを呼んでみるも、自分の声が空しく木霊するだけ。忘れていた。この世界では僕一人だけなんだった…

 孤独だった。自分以外の存在が認められない世界など想像した事がなかった。自分がどれだけ人に頼り、そうする事によって生き延びてきたのかを改めて実感した。
 そう、人は独りでは生きていけない。自分以外の誰かの存在に生かされていたのだ。誰もいない世界で感じることは、誰かから解放された時は自由だという発想は間違いだということ。何かしらの束縛があるからこそ相反する自由というものが存在しうるのである。今の僕には自由はない。

  


永瀬の創作 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0)
RECOMMEND ITEM
RECOMMEND ITEM
グレイテスト・ヒッツ
グレイテスト・ヒッツ (JUGEMレビュー »)
クイーン, フレディ・マーキュリー, ジョン・ディーコン, ブライアン・メイ
COMMENTS
CALENDAR
<< October 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
SEARCH BOX

SPONSORED LINKS
検索
マイサーチ 全体